はじめに

多様性を尊重するべき時代

06c3fb34ada558f9ad303eb5d5de69a4_m21世紀とは一体どのような時代になるのでしょうか。
グローバル化の時代といわれることがありましたが、これの大きな意味は多様性を尊重するということです。
異なる国や地域、文化の人達と交流するということは、自分とは違う価値観を認めることで可能になります。

このような多様性の尊重という考え方を日常的に意識して、自然に実践できるようにすることが、これからの時代にとっては大切なことなのです。
多様性の尊重というのは、何も国際化やグローバル化にのみ関係のある言葉ではありません。
国内の問題についても、多様性への尊重や理解を深めることにより、解消できる問題はたくさんあります。

その中の一つとして、色々な働き方を認めることは、これからの時代にとってとても大切なこととなるでしょう。
社会というのは常に移り変わっているものです。
過去を振り返ってみても、ずっと同じような状態や環境が続いているような時代はありません。

必ずどこかで社会や文化は変化したり、多様性を見せるようになります。
そういった意味においては、これからの時代は従来の固定した労働観を重視するのではなく、もっと視野を広げて、働くということに対して色々な考え方をするべきでしょう。

色々な働き方を許容するべき

当サイトではダイバーシティ、つまり多様性の考え方や働き方を知ってもらうことを目的としています。
それによって、今よりもさらに良い社会を実現させることができるでしょう。
豊かな生き方を実現させるためには、多様性を尊重するという視点が必要不可欠となるのです。

現在の日本には多様な雇用形態が存在しています。
その中で、未だに正社員という働き方にとりつかれている方は多いです。
正社員が最も価値のある働き方であり、それ以外は意味のないものだと考える方もいます。

しかし、正社員のみが本当に価値のあるものかといえば、それは微妙なものとなるでしょう。
人それぞれ、色々な事情がある中で仕事をしているため、中には正社員として働くことが不都合であると考える方もいるのです。
そのような方にとっては、正社員を選択するよりも、アルバイトや契約社員、パートとして働くことを選択する可能性もあるでしょう。

また、これからは若い方だけではなく、高齢者の方や身体障害者の方、外国人の方についても考える必要があります。
これらの方にも仕事をする権利はあり、またこれらの方に仕事をしてもらうことは日本の社会にとっては大きな意味を持つでしょう。
実際にダイバーシティを推進しているような企業はたくさんあり、これからの時代にとってかなり重要な考え方となるでしょう。

当サイトの情報を通して、少しでも多くの方がダイバーシティの意味やこれからについて、理解を深めてもらえれば幸いです。

ダイバーシティについて

ダイバーシティとは一体何なのかを探ります

雇用形態の違い

雇用形態の違いについて説明します

働き方の課題と変化

これからの働き方の課題とその変化について

Diversity推進企業の紹介

ダイバーシティを推進している企業を紹介します