ワークライフバランスとは?

仕事と私生活

ワークライフバランスとは文字通り、私生活と仕事のバランスを取って、どちらにも良い影響を与えることです。
どのようにすれば、仕事と私生活の両方を高めていくことができるのかを考えます。
これを実践することによって、より豊かな人生を送ることができるでしょう。

仕事において必要とされる能力というのは必ずしも仕事で得られるわけではありません。
幅広い視野を持ち、色々な知識や人脈、スキルを有している方が仕事で成功することができるのです。
これを実現させるためには、仕事以外の場を大切にすることが大切なのです。

現在の日本人というのは私生活を犠牲にしながら仕事に取り組んでいる人がほとんどです。
毎日、辛い残業を繰り返しており、休日であっても会社へ出勤して、家族や友人、あるいは一人で過ごす時間を失ってしまいます。
仕事というのはあくまでもプライベートと両立するためにあるものであり、人生の中ですべての時間を仕事にささげるというのはあまり効率が良いとはいえないでしょう。

仕事をする時間を増やすことによって、仕事の質が高くなるとは限らないのです。
むしろ私生活も仕事と同じぐらい重視することによって、互いに刺激を与えることができて、それが良い結果をもたらしてくれるものなのです。
ワークライフバランスは現在国や企業が大きく注目している考え方となっています。

企業にとっては、ワークライフバランスを推進することによって、社員が退職するのを防いで、今いる人材の力を上手く引き出して、経営を安定させるために必要となります。
国にとっても、少子高齢化や男女平等などを実現するためにワークライフバランスはとても重要な試みとなります。

ダイバーシティとの関係

実はワークライフバランスというのはダイバーシティと密接な関係のある考え方です。
ダイバーシティ、つまり多様性を重視するということは、ひとりひとりの価値観や生活、働き方などを尊重することになります。
つまり、ダイバーシティを推進することによって、自然とワークライフバランスの問題を解決することができるのです。

企業内で多様な働き方を可能にすることにより、ワークライフバランスを実現できます。
プライベートを重視した働き方が可能となり、それによって、より仕事の能率を高めることができるでしょう。
家族や友人などのつながりを大切にして、プライベートな時間から仕事へ活かせる経験をすることも可能となります。

企業や国にとって、ワークライフバランスやダイバーシティというのは、なくてはならないものです。
これからの日本ではこの二つの考え方を重要視して、さまざまな提案がなされていくでしょう。
実際、既にこの二つを推進している企業はたくさん存在しています。