Diversity推進企業の紹介

働きやすい環境への進化

性別や国籍、障害などにとらわれず、どのような方であっても多様性のある人材として活用していこうという動きが進められています。
これまでの日本企業では、健康的な成人の日本人男性を中心として企業活動を進めてきたのですが、それだけでは限界を迎えようとしています。
これからの社会に対応するためにもダイバーシティを尊重することはとても重要なのです。

今のところダイバーシティを推進できている企業の数というのは限られています。
そもそも、ダイバーシティという言葉を知らない方もたくさんいるでしょう。
このような状況の中でも、日本中の企業でダイバーシティ推進の動きが生じています。

ダイバーシティが推進されている企業の特徴としては、きちんとダイバーシティについて社員が理解していることが大切です。
そして、多様な人材を活用しており、特に女性が活躍していることは重要でしょう。
また、育児や介護などのサポートが充実しており、働きやすい環境であることが大切です。

社員の属性によって待遇や昇進、管理職からの扱いに差が生じているようなことがあれば、その企業はダイバーシティを推進できていないといえるでしょう。
男性であっても、女性であっても、支援制度を積極的に利用できる空気が広まっていることが大切です。
それぞれの社員が異なる性質を持っていることを前提として、自分とは違う人でも認め合う姿勢が根付いていることが大切です。

こちらのサイトではダイバーシティ度をチェックするための項目が紹介されているため、参考にしましょう。
ダイバーシティ度チェック

ダイバーシティ推進企業に就職するべき

もしこれから就職活動をしようとしている方がいるならば、その人はダイバーシティの推進度を確認してみると良いでしょう。
きちんとダイバーシティ推進のための活動を行っている企業に入る方が、働きやすい環境が整っているといえます。
そのような企業では、どのような方であっても、その個人の性質によって差別されることなく、平等な視点で評価してもらえます。

これまでに企業で不当な扱いを受けてきたという方は、ダイバーシティ推進企業に転職すると良いでしょう。
今の時点では多様性を認めている企業の数は少ないのですが、21世紀の間に日本では徐々にダイバーシティを尊重する空気が広がっていくでしょう。
そうなれば、かなり生きやすい世の中となります。

すべての社員が働きやすくて、居心地が良いと感じられる会社はとても良いでしょう。
そのような会社だからこそ、良い業績をあげることができて、顧客から信頼されることができるのです。

JR東日本×パソナフォスター

JR東日本とパソナフォスターによるダイバーシティの試みについて

日産

日産によるダイバーシティの推進の方法について