働き方の課題と変化

仕事に性差はないという現代の考え方

現代社会では基本的に人間は生きていくためにどうしても仕事をしなければいけません。
仕事をして働くことによって、賃金を得て、それによって生計を立てることになります。
そのため、多くの方は高校や大学を卒業した後には仕事をすることになるのです。

現代では、基本的に男性も女性も差別なく仕事を与えられるものとされています。
そのため、従来は男性の仕事とされていた職場に女性がいたり、逆のパターンも増えています。
また、育休や産休といった制度も生まれており、これまでとは働き方に対する考え方が変わってきています。

たとえば、育児をするためにこれまでは女性が仕事を辞めることが多かったです。
しかし、最近では男性の方が育休を取得することも珍しくありません。
あるいは、男性が会社に事情を説明して、仕事の時間を一時的に短くしてもらったり、休日を増やしてもらうことにより、育児に参加しやすい環境が生まれようとしています。

このような変化はすべての会社で行われているわけではなく、未だに旧態依然とした環境が残されている会社も多くあります。
しかし、時代の変化に合わせて、できるだけ多くの方が豊かな生活を送ることができるように、働き方にも変化が訪れているのです。
働き方を考える上でのポイントは、誰もが平等に機会を得ることができて、不利にならないことでしょう。

男性だから、あるいは女性だからといって差別されるような状況は避けるべきです。
また、これからは性別の差だけではなく、それ以外の部分についても、差別を解消していくことが求められます。

こちらのサイトでは働き方の課題に対しての記事が掲載されています。
参考にしてください。
http://www.nhk.or.jp/shutoken/net/report/20150119.html

これからの課題

たとえば、身体障害者の方であっても、働きやすい世の中を作っていくことは大切でしょう。
身体障害者の方であっても、労働をする権利は存在しています。
もちろん、実現不可能な仕事を求められたとしても、それを拒否する権利は使用者側にはあるでしょう。

しかし、できるだけ身体障害者の方にもチャンスを与えることは大切です。
そうすることによって、障害のある方でもお金を稼ぐことができます。
その結果、きちんと消費をしたり、税金を支払うことになるため、社会にとっても意味のあることです。

グローバル社会の時代だとされていますが、その中では外国人労働者の問題が浮上してきています。
外国人だったとしても、きちんと権利を認めてあげて、正当な扱いをすることは大切です。
安価な労働力を雇えるからといって、不当な扱いをするべきではないでしょう。

高齢化社会となっているため、これからは高齢者が仕事をすることも重要となります。
他にも、フリーターや再雇用制度といった点にも課題は残っています。
これらについて、きちんとみんなが問題意識を持つことが大切です。

男性と仕事

男性にとっての仕事について

女性と仕事

これからの女性にとっての仕事とは

身体障害者と仕事

身体障害者の仕事環境はどうなのか?

外国人労働者と仕事

外国人労働者の仕事についての課題

高齢者と仕事

高齢者の仕事についてどのように考えるべきなのか

フリーターと仕事

フリーターにとっての仕事について

再雇用制度

再雇用制度とは何なのかを説明します