男性と仕事

ワークライフバランス

男性の仕事については色々な問題が残されています。
日本では未だに男性は外で一生懸命死ぬ気で働くことが良いこととされています。
その結果として、過労死や働き過ぎなどの問題が生じているにも関わらず、一向に改善される気配はありません。

未だに男性は正社員として定年までずっと働き続けて家計を支えるべきだという考えが根付いています。
しかし、現実問題としては年功序列も終身雇用も崩れている社会となっているため、このような考えを持ち続けることは問題があるでしょう。
共働きが当たり前の時代となっており、これからは家計を支えるのにも男性と女性が協力をすることが大切となります。

昔は男性といえば一家の大黒柱であり、経済的に家族を支えなければいけない、そのためには休日を犠牲にしてまでも働き続けることがよしとされていました。
そのためには家族の面倒はすべて妻に押し付けて、家事を手伝うことは一切なく、妻や子供との関わりを意図的に避けるような男性も多かったです。
その結果、男性は過度なプレッシャーを受けるようになり、その責任に押しつぶされてしまいそうになったり、ワークライフバランスが崩れてしまうことが問題視されました。

男性の中には仕事を第一に考えるのは当然のことであり、プライベートの時間を考える人間は甘い奴だと本気で考えている人がいるのです。
これはとても奇異なことであり、そのような生き方をしたとしても、会社は簡単にリストラを称して社員を退職させてしまうことだってあるという現実を無視しているのです。
また、仕事が一番だからといっても、それで過労死してしまうのであれば、何のために働いているのか分かりません。

多様性が重要

これからはもっと多様な働き方を男性が認めることが重要となるでしょう。
たとえば、育休は女性が取るべきものという考えが根強いですが、男性が取得したとしても問題はないのです。
そして、男性が子育てをすることも認めていくべきでしょう。

今の日本では、平日の昼間に男性が子供を連れて外を歩いているだけでおかしなことだと見られてしまうことが多いです。
このような状況を打開するためには、国民全員が意識改革する必要があります。
どのような生き方も許容できるのであれば、たとえ男性が育休を取得したとしても、それを変なことだと扱わなくなるでしょう。

多くの方はイメージを大切にするため、男性は仕事をするべきだ、女性は家庭を守るべきだという固定観念に囚われています。
このような考え方によって、居心地の悪さを感じている方はたくさんいるのです。
まずはどのような生き方でもそれはおかしなことではないと認めることから始めましょう。

何の根拠もなく植え付けられているイメージから脱却することによって、男性の仕事観にも変化が見られるようになるでしょう。