外国人労働者と仕事

労働者の受け入れ拡大

外国人労働者の受け入れに関しては現在世界中の色々な国で議論となっています。
一部の国では外国人労働者を排除しようという動きもあります。
一方では、これから積極的に受け入れを拡大していこうと考えている国もあります。

日本については、これから色々な分野において外国人労働者の受け入れを拡大していこうと考えているようです。
その理由の一つとして、特定の職場における人材不足を解消するためです。
たとえば、現在日本では建設業で深刻な人手不足となっています。

震災により建築案件が増えたり、公共事業も相次いでいるため、建築業への需要はとても高いです。
その上、2020年には東京オリンピックが開催されるため、それに向けてさまざまな建物や施設が建設されることになります。
しかし、日本では建設業で仕事をしている労働者の数が減り続けています。

そのため、人手不足を解消するために外国人労働者の力を借りようという動きが出ているのです。
かつて日本の建築現場で働いていた人達の多くは高齢化しており、その人達を現場に復帰させるのは難しいです。
一度現場を離れてしまうと、そこから復帰するのは容易ではありません。

また、日本の建築現場では労働者への賃金が安くなってきているため、あまり魅力のある仕事ではなくなってきました。
このような状況の中で、外国人労働者の受け入れを拡大することには意味があるのかもしれません。
建築業だけではなく、たとえば介護の現場でも外国人労働者を受け入れようという動きはあります。

外国人労働者の課題について

外国人労働者に関してはさまざまな問題点が指摘されています。
たとえば、外国人労働者が多数居住しているような地区では、他の日本人がその地区を敬遠してしまうような可能性があります。
文化摩擦が生じることも多いでしょう。

ゴミの分別をしなかったり、深夜に騒音を出したり、そもそも文化が違いすぎて理解できないこともあるでしょう。
外国人街のような状況になってしまうこともあり、そのような地域から日本人がどんどん離れていくことも懸念されています。
また、外国人による犯罪によって、治安が悪化する可能性もあります。

言葉の問題も大きく、たとえば日本語を理解していない外国人労働者やその家族はたくさんいます。
これから少子高齢化により人口がどんどん減少していくために、労働人口を維持するために外国人労働者を活用しようという動きは強まっています。
しかし、現実問題としては、色々な問題点を解消していかなければ、トラブルが頻発してしまうでしょう。

また、外国人労働者に対して劣悪な環境で仕事をさせるようなこともあります。
色々な問題について、きちんと議論をするべきです。