女性と仕事

男女共同参画社会は機能しているか

女性も男性と同じように働く権利があると主張されて、男女共同参画社会が推進されました。
その結果、あらゆる職場で女性の数は増えており、女性が仕事をすることは当たり前の世の中となりました。
しかし、未だに女性にとっては働きにくい時代が続いています。

また、職場が女性にとって働きやすい状態に変化したことを実感している人はほとんどいないでしょう。
確かに育児支援に関しては昔に比べればかなり恵まれた状態となりましたが、それでも、女性にとって辛い環境が残っている職場はたくさんあります。
制度が整っていたとしても、それを気軽に利用できるような空気がなければ意味がありません。

たとえば、育児をするために早めに退社するような女性社員がいたとしても、それを良いことだと思わないような同僚や先輩というのは今でも存在しています。
勤務体系に柔軟性がなかったり、子育てからスムーズに復帰することができないような職場は今でもたくさんあります。
女性が社会で働き続けるためには職場復帰への支援を充実させることが最も重要なのです。

男性の中には未だに女性は家にいるべきであり、職場で仕事をするべきではないと考える方が多いです。
しかし、現状では男性のみが仕事をするのではとても社会を安定した状態にすることができない状況となっています。
本当に男性のみが仕事をすればそれで十分なのであれば、現在のように社会が不安定になっていることの説明がつかないでしょう。

男性だけではなく女性の力も借りて、男女が協力をして社会を作り上げていくために仕事をすることは重要なのです。
女性が働くことに関してはこちらのサイトでも解説をしているため、ぜひとも参考にしてください。
女性が日本経済を救う

女性の仕事について

女性が働く上で障害となっていることの一つとして勤務体系があります。
また、業務内容に関して不満を抱いている女性もたくさんいます。
女性がどのような不満を持っているのかをきちんと理解して、会社側で対応することが求められるでしょう。

最近では女性の役員を増やしたり、女性が上の地位で仕事をすることを推進しようとする動きがあります。
国の方で女性の管理職の割合の努力目標が設定されることもあります。
このような試みに対して不満を持っている男性はいるかもしれませんが、これまでがあまりにも男性優位の社会だったのだから、強制的にでも女性に力を与えるような施策を行わないと状況は変わらないでしょう。

幸いなことに、男性優位の社会で生きてきた世代というのは、すでに中高年に達しており、今の若い世代の場合はそれほど男性優位の思考は根付いていません。
むしろ、草食系男子という言葉が流行るぐらい、男性の元気の無さが主張されることがあるぐらいです。
これからの時代はこれまでとは違った社会が形成されていくことでしょう。