再雇用制度

同じ企業への職場復帰が可能

再雇用制度というのは一度退職した労働者を再び雇用することです。
たとえば、妊娠や出産、あるいは育児などの理由によって女性労働者が退職することがありますが、その後に再び雇用する制度となっています。
あるいは定年退職した方を再び雇用する場合もあります。

この再雇用制度によって、働き方に多様性が生まれてきます。
従来であれば、一度退職してしまうと、もう同じ企業に復職することができなかったです。
しかし、この制度を活用することによって、一時的に職場を離れていた人間がまた元通りに働くことができるようになります。

これはたとえば少子化対策として有効でしょう。
現在、少子化が進んでいる理由として、社会的に育児をサポートする体制が不足している点があります。
再雇用制度を有効に活用できることが分かれば、女性は躊躇せずに一度退職して、育児に専念することができて、子供がある程度大きくなれば、再び職場に復帰できるでしょう。

定年退職した方についての再雇用制度に関しては、高齢化対策に効果を発揮します。
高齢化が進んでいるため、高齢者の年金や保険などの負担が大きくなっています。
経済的に若い世代が高齢者を支えるような構造となっているのです。

高齢者が仕事をするようになれば、それによって若者の負担を軽減することができます。
労働力不足を解消したり、ベテランから若手へと技術や知識を上手く継承させることもできるでしょう。
このような意味において、定年退職した方を再雇用することには一定の価値があるのです。

このように再雇用制度というのは、色々な点において価値の高い制度といえるでしょう。

再雇用制度の課題について

再雇用制度に関してはいくつかの課題が存在しています。
まず、そもそもこの制度を設けている企業の数が不足しています。
この点については、これからもっと多くの方に再雇用制度の有用さを示して、理解を深めてもらうことが大切でしょう。

また、再雇用制度を実施することは大切なのですが、それによって過剰な労働力を抱えてしまうのは問題があります。
次々と定年退職した方を再雇用していくと、会社の年齢構成がいびつになってしまうでしょう。
再雇用をしすぎてしまうと、それに伴う人件費が増大してしまい、会社の経営を圧迫してしまうのです。

また、再雇用した社員がスムーズに職場に溶け込めるように努力をするべきでしょう。
現場にすべてを丸投げしてしまうのではなくて、トップの方から有効なアイデアや工夫を出していくことが求められます。
これらのように、色々な課題が残されているのですが、これからは徐々に再雇用制度が広まっていくことでしょう。

そうして、働き方の多様性が増していく結果となります。