雇用形態の違い

色々な勤務形態がある

現在、さまざまな雇用形態が存在しています。
従来の正社員だけではなく、派遣労働者や契約社員、パートタイム、短時間正社員などさまざまなものがあります。
どうして、このような雇用形態が登場したのかというとそれは企業にとっても社会にとっても必要であり、価値があると判断された結果からです。

正社員が絶対的なものだと考えている方は多いのですが、これからの時代は徐々に正社員の優位性は失われていくでしょう。
正社員という形態のみにこだわっていたのでは、社会のあちこちで不都合が生じてしまいます。
たとえば、すべての人が高い賃金を得るために長時間勤務をしたいわけではないのです。

子育てをしながら仕事をしたい方の中には、仕事の時間をできるだけ抑えたいと考える方もいるでしょう。
あるいは、配偶者がある程度の収入を得ているために、自分はそれほど稼ぐ必要がないと考える方もいるでしょう。
障害を抱えているために、長期間の勤務は不可能だという方もいるかもしれません。

多様な雇用形態を用意することによって、さまざまな人の事情に合った働き方を提案することができます。
これは正社員のみの働き方しか認めないような社会では実現できないことです。
色々なところでダイバーシティの重要性が主張されるようになりました。

労働にとってのダイバーシティとは、やはり雇用形態の多様さでしょう。
多様な雇用形態を実現することができれば、それだけで社会はより豊かになります。

どの雇用形態も必要

正社員の方から見ると、それぞれの雇用形態には問題があるのではないかと考える方が多いでしょう。
しかし、世の中には色々な事情を抱えた人が存在していることを自覚するべきです。
多様性の大切さを理解している人であれば、それぞれの雇用形態を維持していくべきだと考えることでしょう。

特にマイノリティとされている方の中には、正社員として働くことが難しいケースが多いのです。
そのような従来であれば企業が雇わなかったような人達でも、仕事をさせてあげることができるような環境を作るためには、色々な雇用形態を用意しておくことはとても都合が良いのです。
今では、在宅ワーカーの数も増えています。

これは家の中で仕事をする人達のことです。
インターネットの環境が整備されたことによって、自宅で仕事をする人達もこれからは増えていくでしょう。
その他にも、次々と新しい働き方が生まれてくるはずです。

大切なことは、どのような働き方に対しても偏見を持たず、その働き方を許容することです。
多くの人は自分の働き方が一番正しいものであり、それ以外は間違えていると考えがちです。
そのような偏狭なものの見方から脱するようにすれば、ダイバーシティを実現できます。

正社員

正社員の特徴について

契約社員

契約社員はどのような雇用形態なのか

アルバイト(長期)

長期のアルバイトの特徴とは

アルバイト(短期)

短期のアルバイトについて

パート・アルバイトの違い

パートとアルバイトは何が違うのか