アルバイト(長期)

継続的な勤務をする

長期アルバイトとは、一般的には三ヶ月以上の期間において、継続的に勤務をすることを前提としたアルバイトです。
短期のアルバイトの場合は一日で終わったり、数日や一ヶ月の期間限定であることが多いですが、アルバイトの場合は数年間継続して働き続ける方も少なくありません。
たとえば、コンビニや居酒屋といったお店で、ずっと同じメンバーとともに働き続けることが多いです。

大学生の方が学業に支障が出ない範囲で長期アルバイトをすることはよくあります。
また、主婦の方が子育ての合間に長期アルバイトでお金を稼ぐことも珍しくありません。
アルバイトをしている方は日本にたくさんいますが、その中でも長期のアルバイトをしている人達はフリーターと呼ばれることもあります。

正社員や契約社員と比べると待遇はあまり恵まれていないことが多いのですが、その代わり、ある程度の自由があります。
三ヶ月や半年といった契約期間を定めて、契約期間が満了した時に更新をして働き続けるケースが多いです。
そのため、何らかの事情ができた時には契約を更新しなければすぐに退職できます。

長期アルバイトの特徴

長期アルバイトとなると、パートタイムでの仕事と特徴はほとんど変わらないことが多いです。
アルバイトであっても、特定の条件を満たしていれば、健康保険や厚生年金に加入することができます。
労災保険に関してはどのような状況にも関わらず、基本的にすべてのアルバイトが加入します。

雇用保険についても、条件を満たしているならば加入することができます。
長期アルバイトでは特に年金や保険は重要な要素となります。
もし本来は加入できるにも関わらず、使用者が加入を許可してくれない場合には、公的機関に相談をしてみましょう。

そのような違法行為を平気で行っている使用者は未だに存在するため、自分が不利な状況とならないためにも、きちんと行動するべきです。
アルバイトであっても、きちんと法律によって保護されている立場であることを理解しましょう。
アルバイトでも条件を満たせば有給を取得することは可能です。

すべての使用者は労働基準法にしたがうべきであり、法律を守らないのは違法行為だということを理解しましょう。
これを理解しないでアルバイトをしてしまうと、使用者の都合の良いような働き方を矯正されてしまうかもしれません。
自身にとって不利な状況で仕事をしないように気をつけましょう。

長期アルバイトは賞与を望めるわけではなく、キャリアとしても認められないことが多いです。
あくまでもちょっとしたお金を稼ぐために行っている人が多いです。
また、正社員と比べると拘束時間が短いため、それが都合の良いと感じる方がたくさん働いています。