派遣社員とは?

派遣社員とは

派遣社員とは、正社員として勤務をするのではなく、外部の派遣会社から特定の業務をする人材として複数の企業に出向いて業務を行うという非正規の雇用形態です。

正社員として勤務をする場合、雇用主はその企業、従業員はその企業と専属契約を結んで、業務の指揮・命令に従っていくことになります。

当然給与はその雇用主である企業から支払われ、給与額やその他待遇面についても従業員本人が雇用主の企業と話し合いをして決めていくことになります。

一方派遣社員の場合、雇用契約を結ぶのは派遣会社とスタッフとなる人です。
派遣社員として働くという内容の雇用契約を結ぶことにより、派遣会社が人材と求めている企業からの依頼を受けて必要なスキルのある人材を現場に派遣していくことになります。

派遣先となる企業においては、派遣社員は現場の責任者の指示・命令に従うことになるでしょう。
しかし給与額の交渉や待遇面、また実際の給与の支払いは派遣会社を通して行われるようになります。

ただしこの場合の現場での指揮・命令というのはあくまでも契約している業務範囲についてのみ効果のあるもので、それ以外の業務内容や労働時間については受け入れる企業側が指定をすることはできません。

派遣社員のなり方

派遣社員として働くためには、まずは派遣会社に自分の情報を登録する必要があります。

人材サービスとしては、業界最大手のリクルートホールディングスが運営する「リクルーティングスタッフ」や「スタッフサービス・ホールディングス」といったところを代表に、いくつかの企業により運営されています。

最近の傾向としては、一般職としてのみではなく特定の資格者を対象にした派遣会社が増加してきました。

看護師やIT技術者など、特定の技能を持つ人材を専門に登録して派遣することにより、一般の派遣会社よりも給与面のよい派遣が行われています。

派遣社員として働くメリット・デメリット

派遣社員として勤務をする最大のメリットは、時間給により確実に賃金を受け取れるということです。

とかく長時間労働が問題になっている現代においては、きっちり時間を決めて勤務をすることができる派遣の形態は非常に重宝するものです。

正社員であればサービス残業などの問題もありますが、派遣社員はタイムカードの内容に従いきっちりと賃金が発生します。

一方でデメリットとなるのは業務の範囲が限定されることから、昇進がしづらく責任のある仕事が任せられないということです。

企業によっては社内の福祉施設の利用が正社員に限定されていたりします。
その場合は食堂の場所や休憩場所などがあからさまに区別をされてしまうといったこともあり、仕事中もそれがもとで正社員とトラブルになることがあります。