コワーキング

コワーキングという働き方

働き方は人それぞれ様々ではありますが、起業家や在宅勤務、フリーランスなど、個人で仕事をしている方というのも少なくはありません。
そのような方たちがデスクワークや必要に応じた会議をするのに、自らが借りたオフィス(レンタルオフィス)を使ったり、デスクワークに限っては、仕切りで机が仕切られただけという、まるで塾の自習室のようなスペースのオフィス(シェアオフィス)を使ったりします。

かっちりと集中して仕事をするにはもってこいですが、もっと様々な人との交流や新しい人との意見の交換などをフリーに行う場として「コワーキングスペース」というものがあり、そのコワーキングスペースを使って仕事を行うことを「コワーキング」といいます。

コワーキングの特徴

コワーキングは、コワーキングスペースを使って仕事をすることを指しますが、使用する人は様々です。
在宅勤務で仕事をしていたが、社会との交流を持って仕事をしたいために、交流の場としてコワーキングスペースを利用する人。

様々な新しい意見に出会えるかもしれないという期待を抱く人。まるでカフェ空間と図書館のような空間が合体し、ワイファイ設備やコーヒースペースなども完備した快適な仕事空間を求めて、仕事をする人。
コワーキングスペースには、時間制のものもあり、喫茶店で仕事をするよりもずっと仕事空間として快適であるために、コワークスペースを利用する出先の営業の方など、様々な方がコワークスペースを利用します。

コワークスペースとレンタルオフィス、シェアオフィスの違いは、まずレンタルオフィスは限られた空間を完全に区切っているという点で重要な話などをするためには最適です。
シェアオフィスは前述のとおり、塾の自習室のように机を区切って並べてあり、集中してデスクワークをするのに最適です。

そして、コワークスペースは、いわば図書室かこぎれいな食堂空間のように、大小の机が目隠しなく置かれ、かつ、仕事に必要な情報伝達設備などが整っており、限りなくオープンな空間になっているのです。
このオープンな「自由仕事空間」ともいうべき場所がコワークスペースなのです。

このコワークスペースを使って仕事をするコワーキングですが、仕事の多様性(ダイバーシティ)のひとつにもあげられるでしょう。
仕事をするということが、多種多様に細分化され、個人で働く方も多くなってきた昨今では、このようにコワークスペースを使いコワーキングすることで、様々な交流や新しい情報を得ることができます。
それをさらに自分の仕事に生かすのは、自分の仕事の更なる発展に役立つことでしょう。

コワークスペースはオープンな空間を売りにしているので、集中したことには向いていないかもしれませんが、今までクローズな空間での仕事が多かった日本の仕事場に、新しい形の仕事場を提供してくれています。
コワーキングでオープンな仕事場を一度利用してみるのもよいかもしれません。

コメント欄は閉じられています。