クラウドソーシング

多様化する働き方のひとつ「クラウドソーシング」

「働く」と聞いてイメージするのは、会社に出勤して、決まった時間働くというものでしょう。
しかし、最近では、働き方も多様化されており、在宅勤務やフリーランスなど、場所と時間を決められることなく働くことができる方法もあります。
そのひとつとして注目されているのがクラウドソーシングです。

あまり聞きなれない、あるいは聞いたことがあっても今まで詳しく知る機会が無かったという方も多いでしょう。
この記事ではクラウドソーシングについて、その働き方などをご紹介します。

業務の考え方もかわる

クラウドソーシングとは、インターネットを利用して不特定多数の人間にさまざまな業務を委託するサービスを指します。
クライアント(お仕事を依頼する方)も、お仕事を受注する方も、実際に会うことなく、主にメールで打ち合わせをして業務を始める、というものです。
全ての打ち合わせ、業務の依頼、納品などが、インターネット上でのやりとりとなります。
面接などの試験がない分、受注する側は簡単にお仕事を始めることができます。

お仕事の依頼も、すぐに対応可能な人たちが集まるので、楽で効率が良いという印象があります。
しかし、受注先で納期が遅れるなどのトラブルもあり、顔が見えないインターネットの世界で、誰でも簡単にお仕事を始める・依頼するというのは、まだまだ課題も多いようです。
ここで大事なのは、場所や時間が決められていない自由な働き方といっても、納期までに業務をこなすという責任を持つということです。
その意識すら持てない場合は、クラウドソーシングでのお仕事を始めるのも難しいといえるでしょう。

クラウドソーシングは、立派なビジネスです。
お仕事を依頼するクライアント側も、当然納期までに業務を完了してくれる人を探しているのです。
決していい加減な対応をしてはいけませんし、その対応をしたことで、次の依頼が来ない可能性もあります。

厳しいことを書きましたが、クラウドソーシングでは、webサイトの制作やアプリの開発、翻訳や映像制作など、スキルを求められるプロジェクトのお仕事、データ入力や文字起こし、記事の執筆などタスクと呼ばれる分野のお仕事、デザインをクライアントに送り、自分のデザインが選ばれると報酬がもらえるコンペ形式のお仕事など、パソコンを使ってのお仕事ができる人を今日も募集しています。
興味がある方は、クラウドソーシングのwebサイトを見てみると良いでしょう。自分が得意としている分野、興味がありやってみたい分野に、積極的にチャレンジしてみましょう。

もし、できない・わからないことがあった場合は、お仕事を依頼した担当者に、早めの連絡を心がけましょう。
クラウドソーシングを活用して、場所や時間に縛られない自由な働き方をしてみませんか。

コメント欄は閉じられています。