フレックスタイム

フレックスタイムという雇用形態

仕事の種類には様々な雇用形態があります。
正社員、契約社員、パート、アルバイト等、人それぞれの事情によってその働き方は違います。
また、労働者も一般の人をはじめ高齢者、身体障がい者、外国人と様々です。

ダイバーシティは、各企業においても数多く導入されています。
一般的には一日の労働時間帯が定められ、その時間内で働くというのが主流ですが、その中でもフレックスタイムという働き方はどうでしょうか。
その注目すべき労働形態に目を向けてみました。

ライフスタイルに合わせることが可能

フレックスタイムとは、労働者各自が自分達のライフスタイルに合わせて、1ヶ月の総労働時間を設定して、その範囲内で労働日と労働時間を決めて自主的に働くという制度であり、始業時刻と終業時刻を自由に決められる働き方です。
フレックスタイムでは、一定期間における総労働時間数によって時間外労働の有無を判断しますが、この場合、1日に8時間以上の勤務をしたとしても、設定した一定期間、例えば週40時間を越えない限り残業とはなりません。

この点は普通の就労体系とは違います。労働者はそれぞれの生活事情に応じて出社や退社の時刻を自由に決められますが、時間外労働の賃金を増やしたいときは、一定期間の労働時間数を増やすように調整する必要があります。
また、労働者によっては、時間が自由だからといって会社の業務に支障を来たすような労働時間を設定するといった労働者も中にはおります。
そのために、必ず勤務しなければならない時間帯や定められた時間帯で出勤・退社時間を決めるように制限し、労働者に指導を促す必要があります。

また、通常の労働者の就業時間は、午前9時から午後5時までのように固定されているのが普通ですが、フレックスタイムでは労働者の自己管理において労働時間を自由に設定できるため、時間に捉われないで自由に仕事ができるという点では、色々な事情によって出社時間が遅れたりするようなことを考える必要がないので都合が良いといえるでしょう。

フレックスタイムの特徴

このように、労働者が時間に捉われないで自由に働くことのできる雇用形態がフレックスタイムです。メリットとしては、労働者の都合に合わせて勤務時間を自由に設定できるということです。仕事の成果を重視したい企業にとっては、労働時間を自由に使い実力を発揮してもらえるフレックスタイムは魅力的なシステムといえるでしょう。
何といっても自分のペースで働くことができるため、とても便利で体力的にも楽だといえます。

通常の勤務形態に捉われないダイバーシティ的な勤務制度を導入している企業は増えています。
従来の固定された労働時間を変更する動きは、労働基準法の改正に伴って徐々に出てきてるようです。

コメント欄は閉じられています。