テレワーク

テレワークという仕事の仕方

「仕事をする」と考えたときに多くの方が考えるのは、「勤務するべき場所に行って仕事をしなければならない」という考え方ではないでしょうか。
もちろん大多数の仕事の場合が、「ある特定場所へ行って勤務する」形態を利用しています。
しかし、働きたいと思っても様々な事情があり、「ある特定の場所に勤務しに行くのを強いられることは出来ない」という方もいらっしゃいます。

そのような場合に仕事をすること自体を諦めてしまうという選択をしてしまいがちですが、現代では仕事の多様性(ダイバーシティ)も多数存在し、その中にテレワークという仕事の仕方があります。
このテレワークという選択は、特定の場所にいられないという方には最適な仕事の仕方なのです。

二つの分類にわけられる

テレワークにはまず雇用型と非雇用型の二種に分けることが出来ます。
雇用型にはいくつかのタイプがあります。

会社と雇用契約を交わし、週の定まった日数、在宅で作業をして、結果できたデータなどをメールなどで会社とやり取りするという「在宅勤務型」。
営業へまわっている間にパソコンや携帯電話などのモバイル機器で雇用会社とやり取りするという「モバイルワーク型」。
各地方に数々ある、自分に近い支店・作業所へ赴き作業をする「サテライトオフィス型」などがあります。

非雇用型とは、個人で在宅や移動中などで出来る仕事を請け負ったり、テレワーク斡旋会社から仕事を貰い、好きな場所で作業をするという方法です。
この様に、テレワークにも様々なやり方が存在しますが、主に言えるのは特定の場所に縛られずに仕事が出来るので、妊娠や怪我などで行動に制限がある方には最適な働き方なのです。また、今現在の仕事以上に副職として仕事を得たいと考えている方にも、場所を選ばないテレワークという仕事の仕方は向いていると言えるでしょう。

テレワークは企業から見れば、最終的に仕事の結果のデータのみが来て、本人の働いている姿は見えないという点がありますが、大事なのは出来たデータであるので、効率的な方法ともいえます。
また、入院中・妊娠中・出張中などで会社に出勤出来ない社員に仕事を、当人にとって最適な場所で続けてもらうことのできる方法でもあり、社員の円滑な働きにテレワークという方法は利用できるでしょう。

このテレワークという働き方は仕事の多様性(ダイバーシティ)の中でも、場所に縛られないという画期的な働き方です。
情報伝達が多様化し、便利になった世の中になったからでこそ実現できる働き方ですが、この働き方で、今まで仕事を諦めざるを得なかった方々が仕事を出来るようになったというのはこのテレワークの最大の特徴ともいえるでしょう。
このテレワークという働き方を、働く側も、企業も考えてみてはいかがでしょうか。

コメント欄は閉じられています。